法務、コンプライアンスの仕事の内容は?求人は多いの?

コンプライアンスの求人を見てどんな人が向いているか

「コンプライアンス 求人」の事に関する情報サイトです。
コンプライアンスの求人を見ていると、コミュニケーション能力が重要であることがわかります。この能力がある人が有利かもしれません。

コンプライアンスの求人を見てどんな人が向いているか

仕事には向き、不向きがありますよね。

今の仕事はあまり向いていないのかなと思い、コンプライアンス関係の仕事に転職しようかと考えているところです。

コンプライアンス関係の仕事に向いている人の特徴とは何なのでしょうか。

【柔軟な思考回路を持つ】

法務関係の仕事になりますので、ある程度法律の知識が必要となります。

私は法学部を出たわけではないのですが、法律に興味があります。

上場企業の法務部になると弁護士が常駐しているくらいですし、そこに在籍する人も法律を勉強してきた、勉強している人がたくさんいます。

また、商慣習や法律は変化するものですから、それについていけるような柔軟な思考回路を持っている人が向いているのではと思われます。

【コミュニケーション能力がある】

コンプライアンス関係の仕事は、事業部がやりたいことを理解した上で最も良いとされる契約内容に導いていくことを期待されます。

ですから事業部との間でうまくコミュニケーションを取ることが大切なのです。

いくら法律に詳しくても、コミュニケーション能力がない人は向きません。

法律に詳しくない人でも、コミュニケーション能力が優れている人の方が評価が高い場合があります。

▽コミュニケーションを向上させるポイントとは・・・https://www.excite.co.jp/news/article/YAZIUP_61408/

【求人内容でも示されている】

コンプライアンスの求人を見ていても、条件に「コミュニケーション能力がある人」とある企業はたくさんありました。

私は、今の職場でもコミュニケーション能力が素晴らしいねと褒められることがありますので、この点をアピールしたらもしかしたらこの仕事に就けるかもしれませんね。