法務、コンプライアンスの仕事の内容は?求人は多いの?

法務、コンプライアンスの求人で出ている給料はどれくらい?

「コンプライアンス 求人」の事に関する情報サイトです。
コンプライアンスの仕事はどれくらいの給与がもらえるのかを調べました。求人情報などから収入を調べたらかなり高収入だとわかりました。

法務、コンプライアンスの求人で出ている給料はどれくらい?

転職する際に仕事内容は気になりますが、やはり一番気になるのは給料です。

転職するなら、今のところよりも給料が良いところに変わりたいですよね。

コンプライアンス関係の求人内容から、給料はどれくらいなのかを調べてみました。

【コンプライアンス関係の給与と一般職の給与の差】

コンプライアンス関係の仕事の平均的な給与は、あるサイトで調べたところ20代で月額だいたい25万円前後、30代で35万円前後、40代で45万円前後となっていました。

ボーナスも出れば、年収にするとだいたいですが350万円前後から700万円前後になります。

またある求人サイトでは、一般職の平均年収がだいたい450万円前後となっていますが、法務関係の平均年収は550万円前後で100万円の差があります。

【上場企業、外資系企業はもっと高額に?】

上場企業のコンプライアンス関係の仕事になると、若い人でも年収が400万円から600万円、課長クラスだと600万円から900万円、部長クラスになると1000万円から1300万円くらいになると言われています。

外資系企業になるともっと高額になり、部長クラスになると年収が2000万円を超えるようです。

【安定した給与が得られる仕事】

同じ企業内での仕事でも、コンプライアンス関係の職種は安定した給与が得られるものと考えて良いでしょう。

コンプライアンス関連の部署に転属したいと願い出る人も多いようですから、人気の仕事と言えるかもしれませんね。

私も法務関係の仕事に転職することを真剣に考えたいと思います。